横浜風俗ナビ デリヘルからエステまで横浜の風俗店情報が満載!

横浜風俗ナビは横浜駅前から横浜市内全域、神奈川県全域まで網羅したエステ、デリバリーヘルスを始めとした風俗店情報と裏風俗チックな情報を皆様にお届けします! 横浜風俗ナビ 横浜風俗ナビ 入り口18禁18歳未満の方はコチラ

横浜風俗店情報 横浜風俗ナビ

風俗情報サイト「横浜風俗ナビ」は横浜を始めとした神奈川県の風俗店舗を紹介する風俗総合情報サイトです。 横浜駅近辺や川崎市周辺には出張で横浜に訪れる方に人気のソープランドやファッションヘルスが多数営業されておりビジネスホテルも多いのでデリバリーヘルスもかなり充実しています。観光地も山下公園やみなとみらい21が有名で崎陽軒のシュウマイ(シウマイ)や日本最大の横浜中華街がとても人気があり名物店や有名店と言われる中華料理屋が多くお腹の方が満足しましたら横浜の夜の風俗を満喫してください。

なお、18歳未満の方はご入場できませんのでご了承ください。

掲載地域
藤沢/平塚/小田原 本厚木/小田急相模原 伊勢原 横浜 新横浜 横須賀 鶴見 鎌倉 関内/福富町/曙町 桜木町/野毛/宮川町 川崎/堀之内/南町 神奈川県その他 神奈川県デリバリー
掲載業種
ソープランド M性感 エステ・アロマ 出会いカフェ SMクラブ ホテヘル イメクラ ピンサロ ストリップ 手コキ オナクラ ヘルス キャバクラ セクキャバ・ランパブ ラウンジ キャンパスパブ デリヘル

概要 横浜市章 横浜市章[1] 横浜市は、東京都心から南へ約30km、東京湾に面した都市である。市政の中心地は関内地区(中区の関内駅周辺)で、市域の中央駅は横浜駅(西区)[2]。経済活動の中心は関内地区から約3km北の横浜駅周辺地区へ移っており、両地区の中間に位置する横浜みなとみらい21地区(桜木町駅周辺)の開発を進めて、中心部の一体的な発展を図っている。 市域は、鎌倉に鎌倉幕府が置かれた鎌倉時代から本格的に開発され始め、江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占めた。横浜市内唯一の藩として六浦藩がおかれた。また、鎌倉の海の玄関口として六浦湊(金沢区六浦)が、江戸湾(東京湾)内海交通の要衝として神奈川湊(神奈川宿、神奈川区神奈川)が、早くから栄えた。江戸時代末期には、神奈川湊沖で締結された日米修好通商条約により、「神奈川」を開港場にすることが定められた。実際には神奈川湊の対岸にある横浜村[3](現在の中区関内地区)に新たに港湾施設が建設され、短期間に国際港の体裁を整えた。1859年7月1日(旧暦:安政6年6月2日)に開かれた横浜港は「金港」とも呼ばれ、生糸貿易港、商業港、旅客港として、また工業港として急速に発展。横浜を日本の代表的な国際港湾都市へと発展させる礎となった。 1889年(明治22年)4月1日に市制が施行され、横浜市となった[4]。市域の面積は、市制施行時には横浜港周辺の5.4km² にすぎなかったが、6次にわたる拡張と埋立てにより437.38km²(平成18年)となっている。1927年(昭和2年)の区制施行で市域は5区に分けられ、周辺町村の合併と区域の再編を経て、行政区の数は18区となっている。市制施行時の横浜市の人口は約12万人だったが、その後は第二次世界大戦中の一時期を除いて増加の一途をたどり、現在では約360万人となった。これは日本の市では最も多く、人口集中地区人口も東京特別区に次ぐ。1956年(昭和31年)には政令指定都市に[5]、1988年(昭和63年)には業務核都市に指定された[6]。 [編集] 地理 横浜市のランドサット画像 横浜市のランドサット画像 [7] 市域は神奈川県の東部にあたり、東経139度43分31秒(鶴見区扇島)から139度27分52秒(瀬谷区目黒町)、北緯35度35分33秒(青葉区美しが丘)から35度18分44秒(金沢区六浦南)に位置する[8]。東は東京湾に面し、北は川崎市、西は大和市・藤沢市・東京都町田市、南は鎌倉市・逗子市・横須賀市に接する。市域の面積は神奈川県の約18%を占め、県内の市町村で最も広い[9]。 [編集] 地形 市域の地形は、丘陵地、台地・段丘、低地、埋立地に分けられる。 丘陵地は、市域中央部よりやや西よりに分布し、市域を南北に縦断する。この丘陵地は保土ケ谷区・旭区などを流れる帷子川付近を境に、北側と南側で性質を異にする。北側の丘陵地は、多摩丘陵の南端に位置し、標高は60mから100mで北に向かって高くなっている。南側の丘陵地は、三浦半島に続く三浦丘陵の北端部を占め、標高は80mから160mで南に向かって高くなっている。南側の丘陵地の方が起伏も激しく、標高も高い。通称「鎌倉アルプス」に続く市内最高点(栄区上郷町、標高159.4m、鎌倉市に山頂のある大平山の峠部分)や大丸山(金沢区釜利谷町、標高156.8m)、円海山(磯子区峰町、標高153.3m)もこの南側の丘陵地にある。 台地・段丘は、丘陵地の東西にある。東側の台地は鶴見区の地名を取って下末吉台地と呼ばれ、標高は40mから60mで鶴見川付近まで続く。西側の台地は、相模原台地の東端にあたり、標高は30mから70mで南に向かって低くなっている。本牧付近で台地が海に突き出し、その南側は根岸湾と呼ばれる。横浜駅周辺も幕末まで袖ヶ浦と呼ばれる入り江だった。 低地には、丘陵地や台地を刻む河川の谷底低地と沿岸部の海岸低地とがある。谷底低地は鶴見川に沿って広がり、平坦な三角州性低地を形成する。また、海岸部には埋立地が造成され、海岸線はほとんどが人工化されている。金沢区の小さな入り江「平潟湾」は、鎌倉幕府が海の玄関口とした天然の良港であった。島としては金沢区の野島(八景島は人工島)があり、野島海岸が横浜で唯一の自然海浜となった。 * 河川:鶴見川、帷子川、鳥山川、入江川、早渕川、柏尾川、境川、宇田川、砂田川、中堀川、和泉川、大岡川、掘割川、いたち川、侍従川、富岡川、大川 * 山:南部の港南区・磯子区・栄区・金沢区境付近が最も高く、大丸山(標高156m)、円海山(標高153m)などがある。 引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』